ドックベストセメント治療          (歯を削らない虫歯治療)について

ドックベストセメント治療について

ドックベストセメント商品画像


 

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。

ドックベストセメント治療は、虫歯治療や根管治療などの治療時に行いますが、特に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベスト治療を行うと、神経を抜かないで済む確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

また、ドックベストセメント治療は、3Mix法と治療内容が似ていますが、3Mix法と比べて優れている点もいくつかあります。 

ドックベストセメントの治療例

奥歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。

上の奥歯に大きな穴が開いています。

また長年、歯科医院に行けなかったとのことで、歯にはべったり歯石がついています。

ドックベストセメント治療前

レントゲンでは、虫歯が相当深く、通常のドリルで削る虫歯治療では、確実に神経に達してしまうと思われました。

そこで、歯を削らないドックベストセメント治療を行うことにしました。

ドックベストセメント治療前レントゲン画像

ドックベストセメント治療前

虫歯(軟化象牙質)の表面をパーフェクトペリオで 殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液を塗 り、その上からドックベストセメントで封鎖しました(ドックベストセメントには、白色と赤色があり、写真は白色のドックベストセメントです)。

深い虫歯だったにもかかわらず、神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。
また、ドリルで歯をほとんど削らないので、麻酔はしませんでしたが、治療中の痛みはほとんど無かったそうです。

その後、ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了しました。     

ドックベストセメント治療後画像

ドックベストセメント治療後

ドックベストセメント治療のマスコミ紹介

TBSテレビ「これが世界のスーパードクター」(2011年3月22日放送)で、ドックベストセメント治療が、「削らない痛くない虫歯治療」として紹介されました。詳しくはこちらから。

ドクター天野への相談はこちら