抜歯しない治療法

抜歯について

虫歯イラスト

皆さんは 、歯科医院へ行って歯を抜かれた(抜歯)ことはありますか?


『この歯はもう寿命ですね。残念ですが、抜きましょう。』


歯医者に行って抜歯された経験のある方なら、このセリフは聞いたことがあると思います。でも疑問に思った方はいませんでしたか?本当にこの歯は抜歯しなければだめなのか?現代医学でなんとかならないのかと?


抜歯になる原因は、多々ありますが、なんでも抜いて済ませていた10数年前に比べて、現在は一本でも多く自分の歯を残しましょうという方向に歯科の技術は進んでいます。そしてその方法も近年いろいろ開発されてきました。


歯を出来るだけ残して自分の歯で食べ物を噛みましょう。と厚生労働省は10数年前に80-20運動というスローガンを立ち上げました(80歳で20本の歯を残そうというスローガンです)。


しかし統計によれば、現在80歳の方の平均残存歯数は、8.2本です。この10数年で平均寿命はずいぶん延びましたが、歯の寿命はほとんど延びておらず、調査によれば平均60歳でほぼ半分の歯を失う結果になっています。

抜歯になる原因は多々ありますが、大別すると下記の6つの場合がほとんどを占めます(矯正のための便宜抜歯は除きます)。

歯槽膿漏

一般的に使われる歯槽膿漏または歯周病という言葉は、歯茎の病気の総称で、軽度なものから重度なものすべてを含んだ意味で使われています。抜歯の対象になるのは、このうち中等度から重度のものですが、原因の除去や骨の再生、固定という治療法を組み合わせることで、 このうちの何割かの歯が抜かなくてすむようになってきました。

虫歯

虫歯も見下してはいけません。虫歯を放置し、歯茎の上に出ている部分(歯冠と呼びます)がすべて崩れてしまうこともあるのです。歯の根(歯根)の方まで虫歯がすすみ、歯茎が覆いかぶさった状態になってしまうと、今までは、抜歯の対象になっていましたが、現在は条件が揃えば、歯根を矯正力で歯茎の下から引っ張り出したり(エクストルージョン)、歯冠延長術(クラウンレングスニング)という治療法で、相当数な歯が抜歯しなくてすむようになってきました。

歯の根の病気

一度神経を抜いた歯で、根の先に病気が出来てしまうことがあります。膿がたまるので、急性転化すると痛みが出ますが、普段はあまり痛みません。急性転化して、痛いときによく抜歯されてしまうのですが、根の再治療がうまくいけば、抜歯しないですむ場合もあります。最近では、3Mix法を応用した根の再治療も効果が出ています。

噛み合わせの問題

噛み合わせが何らかの原因によってバランスが崩れると、ある特定の歯に大きな力が加わるようになります。これを咬合性外傷といい、放置すると歯が欠けたり、歯の揺れが見られるようになります。これもお口全体のバランスを治すことによって、抜歯を回避出来る場合があります。

歯のひび割れ

歯によっては、構造上割れやすい歯が存在します。歯根の先まで真っ二つに割れてしまったものはどうしようもありませんが、歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診査を行い、割れ方や割れた範囲などによって、ファイバー樹脂でできた心棒による接着や歯冠延長術(クラウンレングスニング)で 抜歯しないですむ歯もあります。

親知らず

親知らずは、抜かなければならないと思っている方も多いと思いますが、生え方によっては抜歯しないほうが良い場合もあります。  

抜歯しなければならない歯

もちろん抜歯しなければならない歯もあります。次のようなケースがそれに当たります。

  • 歯根の周りの歯を支える歯槽骨が完全に吸収(無くなっている)しているか、ほとんど残っていない場合。
  • 歯根が根元まで完全に割れてしまっている場合。
  • その他、いろいろな治療を施しても、長期的に安定した予後が期待出来ない場合。

ドクター天野への相談はこちら