ドックベストセメントの治療例(32歳女性)

ドックベストセメントの治療前(32歳女性)

奥歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。
上の奥歯に大きな穴が開いています。
また長年、歯科医院に行けなかったとのことで、歯にはべったり歯石がついています。 

ドックベストセメント治療前

ドックベストセメント治療前

ドックベストセメントの治療前・レントゲン(32歳女性)

レントゲンでは、虫歯が相当深く、通常のドリルで削る虫歯治療では、確実に神経に達してしまうと思われました。
そこで、歯を削らないドックベストセメント治療を行うことにしました。 

ドックベストセメント治療前レントゲン

ドックベストセメント治療前レントゲン

ドックベストセメントの治療後(32歳女性)

虫歯(軟化象牙質)の表面をパーフェクトペリオで殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液を塗り、その上からドックベストセメントで封鎖しました(ドックベストセメントには、白色と赤色があり、写真は白色のドックベストセメントです)。


深い虫歯だったにもかかわらず、神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。
また、ドリルで歯をほとんど削らないので、麻酔はしませんでしたが、治療中の痛みはほとんど無かったそうです。


その後、ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了しました。 

ドックベストセメント治療後

ドックベストセメント治療後

ドクター天野への相談はこちら