痛くない虫歯歯周病治療プラズマレーザー  『ストリーク』

ストリーク写真

プラズマレーザー治療機器 『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって虫歯治療や歯周病治療、そして歯の強化など様々な歯科治療を行える最新の治療機器です。


プラズマの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に麻痺させる働きがあるため、ほとんどの虫歯治療や歯周病治療、レーザー治療の適応になる様々な治療、そして歯の耐酸性を高める歯質強化処置も麻酔をしなくても痛くなく行えます。


歯の強化痛くない虫歯歯周病治療安全プラズマの熱による治療と聞くと熱くて怖いイメージですが、酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることはなく、どなたでも治療が受けられるような患者さんに優しい安全な治療です。

プラズマレーザー治療とは

プラズマ=Plasma

プラズマは個体、液体、気体に次ぐ第4の物質の状態と呼ばれており、例えば“火”もプラズマの一種です。


プラズマが発生すると、そこには大きな熱エネルギーが生まれ、それによって物質の殺菌が可能となります。


プラズマレーザー治療機器 『ストリーク』 は、従来までの歯科用レーザー機器では不可能だった医科用と同等の高出力レーザーと、特殊な酸化チタン溶液によって、高温のプラズマ光球体(光の玉)を作り出し、その熱エネルギーによって虫歯や歯周病などを効果的に治療することが可能です。


また、酸化チタン溶液を併用することによって、冷却効果はもちろん、プラズマ光が拡散し、虫歯や歯周病の隅々まで殺菌が可能になります。


そして、プラズマ光球体の熱エネルギーにより、歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、歯質の強化ができ、虫歯予防にも効果的です。


さらに、このプラズマ光球体による熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に軽く麻痺させる麻酔効果もあるため、歯質強化処置はもちろんのこと、ほとんどの虫歯治療や歯周病治療、そしてレーザー治療の適応になる様々な治療も、ほとんどの場合麻酔なしで治療が可能です。

 

従来の歯科用レーザー治療との違い

従来までの歯科用レーザーは低出力の物が多く、それらも一定の効果はありましたが、虫歯歯周病治療の補助的な使用に留まる例が多かったのも事実です。


対してストリークは、医科用最高出力と同等のレーザー出力があり、従来型歯科用レーザー機器では不可能だった高温のプラズマ光球体を作り出すことが可能です。


そのプラズマ光球体の強力な熱エネルギーによって、虫歯や歯周病を効果的に治療することが可能になりました。


また熱エネルギーが大きいため、従来型歯科用レーザーよりも麻酔効果が高く、レーザーを使用するほとんどの治療が麻酔なしで行えます。


さらに、酸化チタン溶液の併用で、発熱と冷却を同時に行い、熱による痛みや健康な組織へのダメージを効果的に抑えています。

ドクター天野への相談はこちら