ドックベストセメント治療は、虫歯を除去しないで無菌化する治療方法です。

神経を抜かない、歯を削らないなど、従来の虫歯治療とはかなり異なった治療法が注目されています。

ドックベストセメント治療について

従来、虫歯で痛みが出たときは、虫歯が歯髄に達しているため歯髄を取るという治療がほとんどでした。ドックベストセメント治療は、歯を削ることなく、虫歯を残したまま治療ができます。虫歯部分はドックスベストセメントで無菌化され石灰化し治癒します。歯を削る必要がないため、歯を守り、歯の寿命を伸ばす治療方法として注目されています。

ドックベストセメント(Doc's Best Cement)治療の起源は19世紀末の米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに始まります。この治療を生み出したのは、腕利きのガンマン、はたまた有名なギャンブラーでもあった意外な人物、Dr.John Henry Holliday。ある日彼のの歯学博士としての評判を聞きつけ、一人の患者が訪ねて来ました……。

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は必要以上に歯を削らないので、痛みを感じないことがほとんどです。また麻酔も必要無い場合があります。そのほか、これまでの治療にくらべていくつかの優れた特徴があります。

奥歯の深い虫歯で、他院では神経を取る可能性があると言われたものの、神経を抜くのがどうしても嫌で予約を入れた方など、ドックベストセメント(東京)の治療例を、治療前・後ともに、なるべくたくさん紹介してまいります。

ドックベストセメント治療体験アプリ【歯を守り隊】(無料)

AR動画で最新歯科治療体験できる アプリ『歯を守り隊』

ドックベストセメントとプラズマレーザーを併用した神経を抜かない治療の詳細は、ドクター天野が、歯を削りたくない、神経を抜きたくない患者さんのために制作したスマホとタブレット端末用の最新治療体験アプリ【歯を守り隊】で疑似体験できます。

他にも最新治療を、思わず手で触れたくなるような浮き上がる動画(AR動画)で体験できます。

フジテレビで当院のドックベストセメント治療が紹介されました

2016年1月22日放送のフジテレビ「全力!脱力タイムズ」で当院で行っているドックベストセメント治療が紹介されました。

 

ドクター天野への相談はこちら