歯の神経を抜かない治療法

歯の神経を取らない治療について

皆さんは、歯科医院へ行って歯の神経を抜いたことはありますか?


『この歯は虫歯が深いので、神経を抜く必要があります。』

『しみるのが治らないので、神経を抜きます。』

『痛い理由がわからないので、神経を抜いてみます。』


……等々、そのように歯科医が言いつつ神経を抜くに至る理由は色々ありますが、神経を抜いた歯と、神経が残っている歯の寿命を比べると、将来的に神経が残っている歯の方が寿命が長いのが一般的です。そこで、最近は深い虫歯でも、出来るだけ神経を残すような治療法が出てきました。 

歯の神経を抜かない治療法の種類

歯の神経を抜かない治療法は、その方法によって、虫歯を残して殺菌する方法と、虫歯のみを除去する方法の2つに大別されます。

虫歯を残して殺菌し、歯の神経を抜かないようにする方法

ドックベストセメント

ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。3Mix法と同様に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベストセメント治療を行うと、神経を抜かないで済む確立が高くなります。3Mix法に比べて優れた点がいくつかあります。

3Mix法イメージ

3Mix法

3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法です。 虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに3Mix法を使うと、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

虫歯のみを除去して、歯の神経を抜かないようにする方法

カリソルブイメージ

カリソルブ

カリソルブは、虫歯に塗布することで、虫歯部分のみを軟らかく溶かす薬です。健康な部分には作用しませんので、虫歯を除去する際に、従来の削る虫歯治療のように、虫歯の部分だけではなく健康な歯もいっしょに削ることを最小限に抑えられます。 これにより、神経を抜かないで済む確立が高くなります。
※虫歯が神経まで達していて、痛みが強い場合など、歯の状態によっては神経を抜かなければならない場合もあります。 

歯の神経を抜かない治療例(ドックベストセメント)

奥歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。
上の奥歯に大きな穴が開いています。
また長年、歯科医院に行けなかったとのことで、歯にはべったり歯石がついています。

ドックベストセメント治療前

ドックベストセメント治療前

レントゲンでは、虫歯が相当深く、通常のドリルで削る虫歯治療では、確実に神経に達してしまうと思われました。
そこで、歯を削らないドックベストセメント治療を行うことにしました。

ドックベストセメント治療前レントゲン

ドックベストセメント治療前レントゲン

虫歯(軟化象牙質)の表面をパーフェクトペリオで殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液を塗り、その上からドックベストセメントで封鎖しました(ドックベストセメントには、白色と赤色があり、写真は白色のドックベストセメントです)。


深い虫歯だったにもかかわらず、神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。
また、ドリルで歯をほとんど削らないので、麻酔はしませんでしたが、治療中の痛みはほとんど無かったそうです。


その後、ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了しました。 

ドックベストセメント治療後

ドックベストセメント治療後

歯の神経を抜かない治療例(3Mix法)

深い虫歯で、他院で神経を取らなければならないと言われて、いらした方です。
レントゲンでは、虫歯を完全に除去すると神経が出てしまい、神経を取らなければなりませんでしたが、痛みがあまり強くなかったので、虫歯を完全に除去しないで、3Mix法で神経を残すことにしました。 

3Mix法の治療前レントゲン

3Mix法の治療前レントゲン

写真は、虫歯の歯の状態です。着色剤でピンク色に染まっているのが、虫歯部分です。
この後、虫歯をある程度残したまま、表面の処理などの準備を行います。 

3Mix法の治療前

3Mix法の治療前

黄色い部分が、3Mix法の薬剤を入れたところです。虫歯は、意図的に残してあります。
この後、仮の詰め物をして、痛みが出なければ、3Mixを残したまま、最終的な詰め物を詰めて、治療が完了します。 

3Mix法の治療後

3Mix法の治療後

歯の神経を抜かない治療例(カリソルブ)

前歯の深い虫歯で、他院で神経を取る可能性があると言われて、いらした方です。
レントゲンでは、確かに通常のドリルで削る虫歯治療では、神経に達してしまう可能性がありました。
そこで、歯を削らないカリソルブ治療を行うことにしました。 

カリソルブ治療前

カリソルブ治療前

写真は、歯を削らないカリソルブ治療を行っているところです。
カリソルブ治療液を虫歯部分に塗布して虫歯を溶かし、専用の器具で溶けた虫歯を除去していきます。 

カリソルブ治療中

カリソルブ治療中

カリソルブ治療で、虫歯部分だけを除去して、プラスチックを詰めた写真です。
通常のドリルで削る治療と比べ、虫歯部分以外の健康な歯を削ることがほとんどなかったため、
深い虫歯でも神経を抜かないで虫歯治療が出来ました。
また、ドリルで歯をほとんど削らなかったので、麻酔は行いませんでしたが、痛みはほとんど無かったそうです。 

カリソルブ治療後

カリソルブ治療後

ドクター天野への相談はこちら